それぞれの新生活

新婚生活

 

新生活をスタートするための引っ越しのオムニバス記事です。

 

新婚生活スタートのためなら面倒な引越しもへっちゃら?

一人暮らし生活も長くなり、ひとりっきりでいるのがなんだかつまらなくなった時が結婚を決心する時って人、多いのではないでしょうか。なんとなくですが、男性に多いように思います。で、彼がめでたく結婚する場合、大概は二人暮らしとなるので引越ししなければなりません。

 

一人暮らし生活も長くなり、ひとりっきりでいるのがなんだかつまらなくなってきた。そんな時が結婚することを決心する時って人、結構多いのではないでしょうか。なんとなくですが、こんな理由で結婚決意って人、男性に多いように思います。

 

で、彼がめでたく結婚する場合、大概は二人暮らしとなる訳で、ならば当然引越ししなければなりません。まぁ、現在の住まいが二人で住んでも問題無い広されあれば、彼女が越してくるだけなのでそれほど悩まないかもしれません。でも、若い二人なら、家賃ももう少し高めでも大丈夫(多分!)だし、夢のような甘い新婚生活をスタートさせるべく、新たに新居物件を一緒に探すでしょうね。

 

さて、引越し。彼女が実家暮らしであれば、テレビなどの家電は取り急ぎ彼が今まで使っていたものをそのまま持って行けば済むので、そんなに大変ではないでしょう。厄介なのは、二人とも一人暮らしの場合。冷蔵庫、2つ要りません。洗濯機、2つ要りません。その他、ダブる家電・家具がたくさんあるはずです。両方を使うというのは考え難いので、どちらか状態の悪い方を処分しなくてはなりません。面倒ですねぇ。なので、こういう時は引越し業者の不用品回収サービスを利用すると楽ですね。

 

それから、引越し日程を決めるのも大変かもしれませんね。同じ日に、というのは業者の作業性を考えてもなかなか難しいでしょう。大抵は時間差で入居するようになるでしょうね。引越し期間がひとりの時より長引きます。片付け、大変ですよね。

 

まぁ、甘〜い新婚生活が始まるのですから、どんなことでも楽しくできるのかな。なんだ、心配ご無用か!

 

クロネコヤマトで立ち寄り引越し

彼の家、彼女の家と2ヶ所で荷物を積み、二人暮らしの新居で荷物を下ろす。これを立ち寄り引越しと言います。クロネコヤマトなど引越し料金の見積もりの際には、その旨を伝えれば、二人別々に引っ越し手配するより安くなる場合があります。

 

ただし、家の方向が全然逆なら、違うトラックに載せたほうが安いですが、同じ方向から通り道なら、ぜひ、クロネコヤマトに相談してみてください。

 

クロネコヤマトでの引越しはこちらの記事

 

とどまった人にも始まる新生活

「新生活」と言うと、それを始めるにあたっては引越しを伴うことも多いかと思います。住まいや周りの環境が変わることが新しい生活を彩ることになるのでしょう。しかし、引越しする人ばかりが新生活を始めるのかというと、そうでもないように思いました。

 

「新生活」と言うと、それを始めるにあたっては引越しを伴うことも多いかと思います。住まいや周りの環境が変わることが新しい生活を彩ることになるのでしょう。

 

しかし、実際に引越しをする人ばかりが新生活を始めるのかというと、そうでもないように思いました。例えば、夫婦と子ども、という家族があったとします。子どもが大きくなり、やがて大学進学する時、あるいは社会人になる時、家を出て一人暮らしを始める。期待に胸を膨らませつつ子どもが引越しの準備を進めている時。親はそれを気にしながらもじっと見守っているか、もしかしたら「ああしろこうしろ」と横で口うるさく言っているかもしれませんね。そして、4月(あるいは3月)「じゃあね」と子どもが家を出て行く。その後・・・。

 

夫婦二人だけになった家。やけに広く感じたり、こんなにも静かだったのか?と驚いたり。そして子どものいない生活が始まる訳です。そう・・・これも、夫婦にとっての「新生活」。慣れるまでに時間がかかるかもしれませんし、意外に快適に感じるかもしれませんね。

 

いつの間にか子どもは成長し、親から巣立っていくものです。子どもが自分で荷造りをし、業者を手配し、転出・転入届など各種手続きを済ませ、自分ひとりだけの住まいへと引越していくのを見るのは、どんな気持ちでしょう?何かこみあげてくるものがあるものでしょうか。

 

我が家の娘はまだまだ小さいので、そんな日が来るのは随分先ではありますが、新年度を前にぼんやり考えたのでした。