クロネコヤマト 引越し

クロネコヤマトの引越しサービス

引越しをする男性

クロネコヤマトと言えばまず「宅急便」と思いますが、実は「引越しサービス」があります。こちらのサービスを展開しているのは「ヤマトホームコンビニエンス」と言いますが、何と言っても87年の引っ越し大手としての信頼と実績の安心感。そして業界トップクラスのネットワークがあり、社員教育も徹底しています。

そんなクロネコヤマトの引越しサービスにはどんなものがあるかを見ていきましょう。

 

arrow まず、一人暮らしの単身者がお得な料金で引越しできる単身引越しサービスです。他の人の荷物と一緒に運んだり、細かな日時を指定できないかわりに安い料金で引越しできます。

 

ちなみに、家具家電レンタルをプラスしたプランもあり、新生活のための資金が少ない人には嬉しいサービスです。単身赴任や長期出張のように、期間限定の方にも、家財レンタルは便利ですね。
買取りサービスでは不用の家具家電を、クロネコヤマトが買い取ってもくれます。

 

arrow 単身引越ジャストサービスは、日にや時間を指定できます。特殊な名前をしていますが、つまりは普通の引越し(チャーター便)。

 

「引越らくらくタイムリーサービス」は、クロネコヤマトの家族(ファミリー)向けプランです。こちらもいわゆる普通の引越しですね。そのほか、建替引越パックというのがあります。こちらは、建替えやリフォームなどで不要な家財をトランクルームに一時保管できるというもの。トランクルームでの預かり期間は5ヶ月以内で、それ以上は別途相談です。不要品の引取も行っています。

 

近距離向けのサービスとして「おまかせフリー割サービス」もクロネコヤマトにはあります。近距離といっても輸送距離は50キロですので、県をまたいでもたいていは大丈夫そう。それよりも、家財量が15m3となっていますので、こちらのほうが心配かもしれません。ちなみに5m3で押入れ2段分少々です。こちらのサービスには、クロネコヤマトのドライバーと作業スタッフの2名がつきます。

 

クロネコヤマトのarrow らくらく家財宅急便では、家財を単品で輸送。梱包から配送、設置までおまかせです。自宅まで電話一本で引き取り、梱包、届け先での開梱と設置もしてくれます(設置は有料オプション対応の場合もあります)。

 

少ない荷物での引越し、家具家電の売買、不用の家具家電を実家や友人宅に単品で送りたい時などにおすすめのサービスです。伝票ももちろん持ってきてくれます。届け先で開梱し、不用になったダンボールなどの資材も回収してくれます。

 

arrow次に海外引越しですが、海外に付き物の煩わしい手続きもクロネコヤマトにお任せできます。
引越しらくらく海外パック、海外引越しスタンダードプラン、海外引越ペーシック、海外引越単身プランなどがあります。
家財保管サービスではweb上で預けた家財の確認管理が可能です。

 

以上のように、プランの種類が豊富なのもクロネコヤマトの特徴ですね。

クロネコヤマトのらくらく家財宅急便について

クロネコヤマトの宅急便。緑色のユニフォーム、テレビCMなどでもよく見ますし、何よりトラックやスタッフの方々を見かける事、よくありますよね。
宅急便、すっかりサービスとして定着していますが、これって依頼できる荷物の大きさ、限度があるのをご存知ですか?

 

クロネコヤマトに限らず、宅配便や宅急便の配送料は、サイズや距離によって決まってきます。ちなみにクロネコヤマトの場合は、160センチまでなのです。また重さも25キロを超えるものはダメです。

 

とはいえ、例えばインターネットオークションでタンスやソファ、あるいは大型の家電を売買した時とか、不要になった家具家電を実家に送るとか、友達に譲るなど、自分では運べないような荷物、どうやって送ろうか困ってしまいますよね。

 

そんなとき便利なのがクロネコヤマトのarrow 「らくらく家財宅急便」です。

 

申し込みや電話あるいはインターネットでクロネコヤマトに連絡するだけ。指定した日にち、時間にスタッフが引き取りに来てくれます。そして送る荷物(家財や家電)を丁寧かつスピーディに梱包して、運び出してくれます。

 

さらに届け先ではすぐに使えるようにクロネコヤマトのスタッフさんがminiたいぷですので開梱、設置までしてくれるというとても気の利いたサービスです。

 

ただし設置というのは、あくまで食器棚を指定の場所に置く、2段式の食器棚は重ねておいてくれるといった意味です。それ以外は、原則、有料のオプショナルサービスになります。例えば、ベッドの組立、エアコンの取り付け・取り外し、テレビやDVDの配線、洗濯機の取り付けなどはオプションです。15m3

 

また、玄関から荷物を運び込めず、クレーン吊り上げになるものも別料金です。

 

さて、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便の料金体系ですが、9つのランクに区分されていて、大きさと距離で価格が設定されています。小物から大物の品まで幅広く対応していて、いいですよ。

引越し単身パックはこんなに安い

引越し単身パックを利用する男性

arrow 引越し単身パックは、専用のBOXに荷物を入れて、他の荷物と一緒に運ぶので、料金がとても安くなるという仕組みです。普通の引越しであれば、2トントラックなどを少なくとも1台、そして運転手も最低一人は必要になり、トラック手配の費用や人件費がかかります。どう安く見積もっても4万〜5万円はかかってしまうでしょう。一方で引越し単身パックなら1万円程度で済んでしまうのです。とってもリーズナブルですよね!

引越し単身パックは引越し業者各社色々とサービスを提供していますが、詳細はそれぞれ異なるので、内容を確認して、複数の会社から見積もりを取ることをお勧めします。

 

ちなみにクロネコヤマトの単身引越サービス(miniタイプ)は、同一市内、同一区内で1ボックスでおさまれば、14,040円〜(関東エリアはもっと高くなります)。ただし、こちらはminiタイプですので、段ボールが15箱、衣装ケース3個、布団くらいの量です。BOXの内寸は1.04m×1.04m×1.30m=1.40m3となっています。

 

クロネコヤマトの単身引越サービスのminiタイプではない方は、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ダンボール10箱、衣装ケース3個、布団、スーツケース1個くらいの大きさです。内寸は、1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3ですので、ベッドや大型冷蔵庫などは難しいでしょう。

 

単に「引越し単身パック」とはいっても、荷物の量によってもコースが分かれていたりもします。引越し単身パックは単身赴任の人や、就職、入学して一人暮らしを始める人、引越し先で大きな家具や家電を購入予定の人などに向いています。一人暮らしだからといって必ずしも単身パック、というわけでもないかもしれませんね。人によっては大きなソファーなどを持っていたり、ピアノなど大型のものを持っていると、単身パックでは済みませんからね。でも、引越し単身パックはとにかく普通の引越しよりはオトクなのは間違いないので、うまく利用するとよいですよ!

 

ただ、大手だと、1ボックスに詰め込む単身パックはクロネコヤマトと日通くらいです。その他の会社では、単身向けプランということで、チャーター便が多くなっています。これらはサービス内容まで含めて、どちらがおすすめというわけでもありませんので、各社の見積もりや内容を比較しないと本当にお得な、自分のピッタリのプランはわかりません。

佐川の単品プランは家具ひとつ送りたいときに便利

arrow 佐川の単品プラン、ご存知ですか? こちらはクロネコヤマトのらくらく家財宅急便と似たサービスです。

 

例えば「いらなくなったコタツを実家に送りたい」とか、「近くの友達にタンスを譲りたい」「ネットオークションで売れた品物を送りたい」、『テーブルを買い替えたいけど、捨てるのはもったいないから実家に送りたいな」などというときに便利なサービス。普通の宅急便では送る事が出来ない大型サイズの荷物を送る事が可能です。だから、引越しとまではいかないけど、自分一人ではちょっと運ぶのが難しいといった大型の家具や家電製品を送る時にうってつけです。あるいはミニ引越しのときにもとても便利です。

 

申し込みすれば、スタッフが引き取りに来てくれ、梱包、搬出、輸送、お届けしてくれます。10キロまでの近距離なら5250円から利用可能なのでリーズナブル。さらにオプションサービスでアップライトピアノやグランドピアノ、電子ピアノなども別送扱いですが運んでくれますし、要らなくなった家電の引き取り、廃棄も請け負ってくれます。さらにエアコンの脱着工事、クリーニング、乗用車の陸送サービスまで。単品プランと合わせて、色々上手に組み合わせて利用すれば、思いがけなくラクに色々な荷物の配送が出来るかもしれませんね。

 

なお、佐川には「大型家具・家電設置輸送サービス」というのもあり、こちらは法人限定サービスですので、通常の引越しの方には関係ありません。

 

佐川とクロネコヤマト、ぜひ比較してみてください。